探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp





お客さまより、表題のご質問をいただきました。

論文をいくつかご紹介いたします。


しかしながら、論文の内容を、弊社がお勧めするものではございません。

ご参考まで、

というところでございます。


アブストラクトの翻訳を、どうぞご覧くださいませ。


「First Preliminary Results of an Observation of Ginkgo Biloba Treating Patients With Autistic Disorder」
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19274699/

「自閉症の患者を治療うえでのイチョウ葉の効果についての予備結果」
PMID
19274699 

概要
自閉症は、社会的相互作用や言語的および非言語的コミュニケーション、想像的活動の不足で特徴づけられます。精神薬理学的観点から、クロニジン、メチルフェニデートおよび神経遮断薬はこれらの側面のいくつかを改善するかもしれませんが、有害な副作用というリスクがあります。

私たちの観察研究では、3人の患者が2 x 100 mgのイチョウ葉エキスを4週間投与され、異常行動と症状チェックリストにいくらかの改善が見られました。 これらの結果は、イチョウ葉エキスが少なくともアドオン療法※として有効である可能性があることを示唆しています。

※訳者注:アドオン療法とは、処方薬と並行して摂ることです。



「Neurotransmitter, Antioxidant and Anti-neuroinflammatory Mechanistic Potentials of Herbal Medicines in Ameliorating Autism Spectrum Disorder」
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31721693/

「自閉症スペクトラムに対する抗酸化作用や神経保護作用を有するハーブの効果」

PMID: 31721693

 

背景:
自閉症スペクトラム障害(
ASD)は、行動、非言語的コミュニケーション、および社会的相互作用を欠如させ、個人の社会的発達のあらゆる側面に影響を与える神経発達上の問題です。自閉症の根本的な原因は不明ですが、酸化ストレスだけでなく、セロトニン、アドレナリン、ドーパミンのシステムもASDに関係していると考えられています。自閉症のための効果的な薬がないという事実もありますが、現在の薬理学的治療は、自傷、攻撃、反復的で固定観念的な行動、不注意、多動、および睡眠障害などの症状のいくつかを改善するために使用されています。


方法:
神経伝達物質機能に対する漢方薬の活動に関する文献をもとに、神経保護効果を有する最も価値のある薬草を検討することを目的としました。

結果:結果として、ショウガ、キバナオウギイチョウ葉、ゴツコラ、ショウブなどの薬草には、神経伝達物質系に影響を及ぼし、神経保護の可能性がある抗酸化作用があります。

結論:
結果として、これらのハーブは、少なくとも理論上は、自閉症スペクトラムの治療戦略において適切な候補者のようです。

 

 

「First Preliminary Results of an Observation of Panax Ginseng Treatment in Patients With Autistic Disorder」
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22435515/

「自閉症患者に対する高麗人参の効果の予備的研究」

PMID: 22435515

自閉症は広汎性発達障害であり、社会的相互作用と言語的および非言語的コミュニケーションに障害があります。 心理行動療法に加えて、精神薬理学的介入の必要性がしばしばありますが、副作用によって制限されます。

そのため、自閉症の治療に有効な物質であるピラセタムに匹敵する高麗人参について、自閉症状の改善の可能性について調査しました。 いくつかの改善があり、これは少なくともアドオン療法としての高麗人参にはいくつかの利点があることを示唆しています。

 

 

「Supplementation of Korean Red Ginseng Improves Behavior Deviations in Animal Models of Autism」
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26837496/

「自閉症動物モデルでの高麗人参(赤参)の効果」

PMID: 26837496

背景:
自閉症スペクトラム障害(
ASD)は、主に社会的およびコミュニケーションの障害と制限された/反復的な行動を示す発達障害です。 ASDの有病率は近年増加していますが、治療には限られた治療目標と治療法が利用可能です。高麗人参(KRG)は、韓国で人気のあるハーブ植物で、その幅広い治療効果と栄養効果で知られており、最近、特に中枢神経系へのプラスの効果で、大きな科学的注目を集めています。

目的:
したがって、この研究では、バルプロ酸(
VPA)に曝露したASDのマウスモデルで見られる神経行動障害に対するKRGの治療上の可能性を調査しました。

設計:
21日齢(P21)から開始し、VPAに曝露したマウスにKRG溶液(100または200 mg / kg)をすべての実験が終了するまで、毎日経口投与しました。 P28から、マウスの行動は社会的相互作用能力(P28-29)、自発運動(P30)、反復行動(P32)、短期空間作業記憶(P34)、運動協調(P36)、および発作感受性(P38)の観点から評価しました。

結果:
VPAに曝露したマウスは、多動性、反復行動の増加、空間作業記憶の障害、運動協調運動に影響を受けていました。驚くべきことに、両方の投与量でのKRGによる長期的治療は、運動協調能力を除いて、VPA曝露マウスのすべてのASD関連行動を正常化しました。

結論:
さまざまな利点が知られている食品およびハーブサプリメントとして、
KRGVPAへの出生前の環境曝露によって引き起こされる自閉症に関連する異常行動を救済することでその治療的可能性を示しました。

 
iStock-515518781 50%縮小





必要なのは、強さ、だけでなく、適応力。


適応するためのスマートサプリ、CONCENT ver.5 

4,860円を

アマゾンでは 3,800円 

楽天では3,890円 
※ ポイントは2倍。


の応援価格とさせていただきます。


とりまく環境がかわっても、
夢への距離が遠くとも、
頑張りましょう。


適応するためのスマートサプリをたずさえて。

CONCENT アマゾンサイトはこちら
楽天サイトはこちら

cc002_2








SWITCH のストロング・ヴァージョン、

SVS を発売いたしました。  - Switch  Ver.  Strong -

 



≪ バコサイドを 250% アップ ≫

SWITCH との違いは、つぎの一点。


バコパエキスの健康成分であるバコサイドの分量を

250% 増量しています。


SWITCH では、『バコサイド20%規格』のバコパエキスを、2カプセル中に 80mg を配合。バコサイドの含有量は、16mg。


SVS では、『バコサイド50%規格』のバコパエキスを、2カプセル中に 80mg を配合。バコサイドの含油量は、40mg。




≪ バコサイドの特長とは? ≫

・記憶力のサポート
・集中力のサポート
・明晰さをサポート
・適応力をサポート
・総合健康力をサポート


このバコパエキスには、世界的原料メーカーであるザビンサコーポレーションの「バコピン🄬」を使用しています。



ご期待くださいませ。



アマゾン SVS 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4R1X9G

楽天 SVS
https://item.rakuten.co.jp/kenjasupplement/008/
SVSアマゾン中路さんバナー970、600


 

このページのトップヘ