探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp




iStock_000010286549XSmall



ニュースが入ってきました。




先ごろ、ヘラクレスの放った矢がもとで亡くなった、ケンタウルス族のリーダーであるCHIRON (キロン) が、復活するのでは?


とのことです。




これは当時の CHIRON 氏 の映像です。

 
iStock_000017280967XSmall





関係者の話しでは、復活する場所は日本で2012年春ごろ。


彼の技が関係している、という話です。

 

iStock_000013895398XSmall





ギリシャのペリオン山に住む CHIRON (キロン) 氏は、アキレスほか、多く神々の子供を教育するなど、指導者としても定評のある賢者でした。




ところが、弟子のヘラクレスによる偶発的な傷害事件がもとで、惜しまれつつ、この世を去りました。



CHIRON 氏は、音楽、預言、薬草の技をアポロンから授かった賢人であり、人望も厚かっただけに、その待望論は神話の時代から根強く叫ばれていました。




そして今回の復活のうさわ。



世界中が湧きに沸いています。



iStock_000016957441XSmall








では、現地からの中継です。








ハーブの技を使うようです。

 
楽しみです!







2012年、いくつになっても反逆しないではいられない皆さまの


ココロとカラダとスピリチュアル、すなわち、人生が


より豊かに実りますことを、心より、お祈り申し上げます。





iStock_000003686878XSmall




高麗人参エキスとイチョウ葉エキスを併せることを検討しても良いかもしれません。


それについてはいくつかの研究報告がみられます。


多動の原因のひとつは前頭前野の活性不足ではなかったでしょうか。


 ちょうど額のあたりに(前頭前野に)投射されるドーパミンが不足する、ともいわれます。


(ところがその原因は、2016年現在では、ADHDの頭脳にはさまざまな個所に萎縮が見られるという複合原因説が報告されている)


 たとえばこの論文では

Lyon MR, Cline JC, Totosy de Zepetnek J, Shan JJ, Pang P, Benishin C. J Psychiarty

Neurosci. 2001. Effect of the herbal extract combination Panax quinquefolium and Ginkgo biloba on attention-deficit hyperactivity disorder: a pilot study. 2001 May;26(3):221-8.、

イチョウ葉エキ 50㎎~120㎎ と高麗人参エキス 200㎎ が多動に有益であると報告しています。

 
 

ちなみに 「おっちょこちょい」 と呼ばれることが多々あった少年時代のわたし。


1970年代の日本には、ADHD なる呼び名はまだなく、そんなソソッカシサはつまるところ「性格」。


そうあきらめ、列をはみ出しながらももっとも多感な青春期を乗りきったものです。

 
 

ところが、仕事に就いてからの方がもっと大変。


仕事のストレス、人間関係のマサツは徐々にわたしの眠りを痩せ細らせ(睡眠不足は ADHDに加勢するのです)、20代後半には、やる気もや落ち着きも底を尽きてしまった。



とはいえ、そんな逆境に反撃しないわけにもいきません。



そこからはじまったのが「集中力改善作戦」。



サプリメントはそのひとつ。



そんな反逆的な作戦の行き先が、キロンの SWITCH に結実するあたりが人生の不思議です。



ザック・デ・ラ・ロッチャのシャウトが引き出すドーパミンを期待しながら、わたしはいまでも朝食とともに SWITCH を摂っています。


(・・午後の眠たい会議でシャウトするわけにもいきませんし)

 


SWITCH には、イチョウ葉と高麗人参だけでなく、ホスファチジルセリンとバコパエキスも研究報告の示す分量を配合しています。



ホスファチジルセリンやバコパエキスもまた多動に有益であることは知られています。






イチョウ葉エキスと高麗人参エキスの組み合わせついてご注意頂きたこと。


そこに 「リタリン」 の効果を期待することはお止め下さい。



ADHD への処方薬である「リタリン」は覚醒効果の強い薬。


散らかった部屋など整理整頓です。

 
 

しかし、わたしの机やその周辺はいつだって嵐が去ったようなままです。

 

ドーパミンやアセチルコリンは「やる気」や「落ち着き」に影響するのでしょうけれど、性分ってやつは、そう変わらないのかもしれません。


こいつは困った!


CHIRON Inc.   荒井
Amazon キロンストア

iStock_000010113477XSmall









このページのトップヘ