お役に立つと思われます。

研究論文をひとつご紹介いたしましょう。

The dose-dependent cognitive effects of acute administration of Ginkgo biloba to healthy young volunteers.

PMID:11026748

タイトルはこうでしょうか。

「健康な若年被験者を対象としたギンコを短期内服した際の認知機能に対する用量依存性効果の検討」


この論文は、四つの認知項目

・注意力の速度

・注意力の正確さ

・記憶の速度

・記憶の正確さ

について、イチョウ葉エキスが明確な効果をもたすかを報告しています。


20人の被験者を対象にイチョウ葉エキス 120mg,240mg,360mg、もしくはプラセボを内服してもらう。


結果

有意な変化が認められた。


なかでも最もはっきりしたものは、注意力の速度。

その項目については、飲む量が増えるにしたがい(120mg < 360mg )明確な違いとなって表れたとのこと。

とはいえ、一回 360mg のイチョウ葉エキスはかなりの分量です。

日常では一回 120mg が良いところではないでしょうか。


CHIRON Inc.  荒井

iStock_43730090_XLARGE