要点は二つ。

1.記憶力の衰えには、高麗人参エキス。

2.サプリメント代を無駄にしないためには、活性成分を知る。


下記では、記憶力の低下をおさえたことが報告されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=1338897

「Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings.」


記憶に関係する神経伝達物質であるアセチルコリンの放出量に影響をおよぼすのが、高麗人参エキス。

アセチルコリンは放出されたあと、脳内でリサイクルされますが、高麗人参はその「リサイクル効率」を助けます。

ただし、アセチルコリンの放出量は急性では増えることはなく、高麗人参エキスを3日間摂りつづける必要があったとのことです。


ところで、結果を出すサプリメントに不可欠なものとはなんでしょう?

答え「活性成分」


高麗人参の活性成分は三十種類以上。

たとえば、ジンセノサイド Rb1は中枢神経を抑制へうながし、ジンセノサイド Rg1は中枢神経を興奮へうながすことも分かっています。


そこで、ご注意点。

商品のラベルには、「高麗人参エキス」としか表記されません。

制度がそうなのです。

サプリメントの原料も(あらゆる製品がそうであるように)、高品質のものは高値で売られ、低品質のものは安く手に入ります。

活性成分はどれくらい入っているか?

口に放りこむ前に、メーカーに直接たずねるかHPを隅々まで見るか、手間を惜しまない方が良いでしょう。

手に取ったコップの水さえ無駄になりかねない、のであります。

CHIRON Inc. 荒井

SWITCH を作動しよう!

ストアは
Amazon キロンストア

SWITCH中段小サイズ