探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp

2013年09月




質問 : 不安や緊張に良いサプリメントとは?


回答: はじめに下記についてご注意ください。


臨床的に障害と呼ぶほどではなく、たとえば、パニック障害やうつ病ではない。


したがって、それらについての処方箋薬を飲んでいない。


というのであるなら


弊社の製品では、SWITCH ( スウィッチ )  と CONCENT ( コンセント ) をご検討下さい。


CONCENT から試されてみてはいかがでしょうか。


あたまと胸のあたりに防御シールドを張ったような感じがあり


それがストレス状況ではひじょうに好ましい。


そう表現された方がいらっしゃいました。


もう一方の製品


SWITCH についても、それに含まれる原料の興味深い研究報告を見つけることができます。


SWITCH あるいは、CONCENT は、食品ですので、いつ摂るられても良いのですが、必要となるだろう場面の前の食事と一緒の方が、より良いかと存じます。


そして、ご参考までに


不安や緊張は、心理的には現象の一形態ですが、脳機能的には複数の原因から生じます。


基底核、深部辺縁系、前帯状回、側頭葉、前頭皮質、それぞれの部位が過活動を起こしたり、働きが鈍くなったり。


いずれかの部位の活動バランスが崩れたとき、不安や緊張が心理面に浮上します。


つまり、不安には、タイプがあります。


ある人は、基底核が過活動をおこしやすい。


またある人は、側頭葉部分が鈍っている


など、活性、不活性の組み合わせにも個性が見られ、また、男性か女性か、若い人かお年寄りかによっても異なるとのことです。


ということは、改善方法も、それぞれのタイプごとにアプローチが異なるはずなのですが、しかし、お気づきのとおり


そうしたタイプを調べるためには、脳画像を使う必要があり、手軽な方法ではありません。


いまのところ ( おそらくは将来も )、いくつかの植物エキスが使い勝手の良さと安全である点で、有効な選択のひとつではないかと思われます。


また、さきほど、不安や緊張は、脳の活動バランスの崩れである、と言いました。


ということは、不安や緊張が生じやすいのは、「 性格 」 というよりは、身体的な特性といった見方も成り立ちそうです。


たとえば、近視眼は性格ではなく身体的な特性です。


視力をメガネでおぎなうことで、本来持つ行動力をつまずくことなく発揮することができます。


では、ネガティブな方向へ傾く近視眼的な思考には? なにか良い手段はあるのでしょうか?


この場合、いわば 「栄養的メガネ」 を見出し、摂られてみてはいかがでしょう。 


エネルギーの不足や不均衡を栄養で補うことで、 「いま」 への 「見通し」 が良くなり、足どりも軽くなるかもしれません。


晴れ渡った空の下、本来の力を示そうではありませんか!


CHIRON Inc.    荒井


軽やかな毎日のための ブレインフードはこちらです。




「 ふつうに経験するところでは 」


 とある高名な牧師が天職について、つぎのようにおっしゃっていました。


本日は長めの引用です。

 

 


 
「 人間は自分がたまたま従事することとなる仕事や商売の習慣にできる限りうまく、細かい点にいたるまで、適応して、たとえば犬が焼き肉の串をまわすように後生大事にその職業の番人となる。


それでは、自分の動かす機械の一部でしかなく人間は失われてしまっている。


自分にそなわる丈と大きさとを申しぶんなく発揮しつつ何とか自分を他人に伝えることができるようにならぬうちは自分の天職をまだ見つけてはいないのだ。


自分の仕事を他人の目にも正当なものだと証明できるように、その天職のなかに自分の品性のはけ口を見つけねばならぬ。


たとい労役は卑しくとも自分の思考と品性によってそれを高尚なものにすればいい。


何であれ、自分が知っており考えていることなら自分の理解に従って行う価値ありと思えることなら何であれそれこそ伝えればいい。」


エマソン論文集 (上) 酒本雅之 訳 岩波文庫 より





二十代のわたしはそれらの言葉に圧倒されてしまったのでしょう。


アンダーラインを引いていました。


それから二十余年、わたしが伝えたいことは「サプリメントの価値」。


それ、すなわち、「信頼しうる科学研究のしめすとおりに、健康に最善の原料を最適に配合し、美しくユニークなパッケージで仕上げ、お届けする」


バリバリはたらきましょう!


お互い。


CHIRON Inc. 荒井 


精神をにぶらせたくない方は、こちらを!

このページのトップヘ