このようなことはできれば勘弁願いたいのですが。
 

気がめいる時間に、しゃくにさわる相手が、忌々しい出来事を持ち込んでくる。


こんな「あり得ない!」が起こってしまうところが、都市生活の実際だったりもします。


ありがたいことに、「ひきちぎってやりたい気分」で胸がいっぱいです。


しかし、ストレスという厄介な敵に屈するワケにはいきません。


ストレスを迎え撃つなんらかの作戦をめぐらせ、出来るかぎりは前進を試みたいものです。


ストレス 「鎮圧作戦」は、少なくとも、ココロとカラダふたつの側面から遂行してみてはいかがでしょうか。 


わたしの用いる作戦のひとつ


ネガティブな感情の存在に気づいた際、ココロの空域をあの言葉で満たしきることです。


「ありがとう。ありがとう。ありがとう。」


ありがとう、の緊急配備とでも申しましょうか。
 

心を込める余裕などありません。


ただ繰り返すのみ。


むしろ呪術というべきかもしれませんけれど。


ところがやがて感謝の念がにじみ出たりもするから、あら不思議。


「ありがとう」は暗黒を射抜く光かもしれません。(お試しあれ)



とはいえ、いまだ人間ができていないので、怒りの感情に流されることも、多々あります。


そこで第二の作戦。


これは頭脳への対策です。


厄介ごとに対して「防御シールド」を張りましょう。


シベリア人参エキスを用いましょう。 


(別名ではエレウテロやエゾウコギともいう)



この作戦は、前もって摂っておく、というのがポイントです。。


下記の研究は、シベリア人参エキスは、ストレス状況に対して先立って摂っておくことで抗ストレス力に貢献すると報告しています。


Fransworth NR. Economic Med. In:Wanger H, Fransworth NR,editors. Plant Res;v1.London;Academic Press Inc;1985


武田秀勝
エゾウコギ茎皮水エキス投与がストレス負荷ラットの血漿中 β-Endorphin レベルに及ぼす影響 東邦医学会雑誌 1990;37(3):334-343


Toru Mizoguchi, Yoko Kato, Hitoshi Kubota, Hideo Takekoshi, Tohri Toyoshi, Noriyuki Yamazaki. Physiological Effects of Ezo Ukogi
Acanthopanax senticosus HarmsRoot Extract in Experimental Mnimals Jpurnal of Jpananese Society of Nutrition and Food Science 2004;57(6):257-263


Deyama T, Nishibe S, Nakazawa Y. Constituents and pharmacological effects of Eucommia and Siberian ginseng. Acta Pharmacol Sin. 2001 Dec;22(12):1057-70.





さて、ストレスとはいったいなんでしょう。


それは我々の思考力を奪い、行動や発想力を拘束する巧妙な敵の罠、かもしません。



そして抗ストレス作戦が目指すところは、いってみるなら「領土の奪還」。


「自分自身でいる」こと、です。 


奪還の道のりは長くかかるかもしれません。


あるいは、何らかの気づきがそれを一瞬に解決するのかもしれません。


いずれにしても、まずは、深呼吸です。


作戦、かいしっ!



補給 参謀長  荒井


こころの制空権を奪い返すのだ!
Amazon キロンストア




適応_concent03