あのセリフが好きです。


「時計というのはね」と、マイスターホラが言っていました。



「人間ひとりひとりの胸のなかにあるものをきわめて不健全ながらも真似てつくったものなのだ。


光を見るためには目があり音を聞くためには耳があるのとおなじに人間には時間を感じ取るために心というものがある。


そして、もしその心が時間を感じとらないようなときにはその時間はないもおなじだ。」 


(ミヒャエル・エンデ 「モモ」  大島かおり訳)



率直には、こうお伝えしたいのです。


みなさま、暑中お見舞い申し上げます。


酷暑の折、ご自愛くださいませ。


盛夏 


CHIRON Inc. 荒井





iStock_000049326154_Large