様々なカタチ、タイミングで襲い来るいわゆるストレス。


急な厄介ごとだったり、いつもの面倒ごとであったり。


そんな、急性か、慢性か、の違いによって、摂るべきサプリメントは異なるかもしれない、というきょうはストレス・サプリごついての紹介。



興味深い研究は、下記、リンク先、ラットを用いた研究によって報告されています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14737017


結論として、

急な厄介ごとにはイチョウ葉エキス、

いつもの面倒ごとには、高麗人参エキス、

が良いかもしれません。


しかし、それが反対になってしまっては、「迎撃」は難しとのこと。

つまり、急性に対して高麗人参エキス、

慢性に対してイチョウ葉エキスでは、効果はいまひとつ、だったようです。


さらに肝心なこと、

それらイチョウ葉エキスと高麗人参エキスを使ったストレス対処法

あらかじめ摂ったうえでの結果だということです。



したがって、ストレスを【迎え撃つ】というわけです。


とはいえ、人間社会のストレスはラットのそれよりさらに複雑。


慢性かつ、急性。


傷口に塩は塗り込まれるは、踏まれるは、蹴られるは。


そんなストレス包囲網、さて、どうかいくぐりましょう?


イチョウ葉エキスと高麗人参エキス、併せて摂ってはいかがでしょうか。


むしろ多忙な方はそうすべきでしょう。


また、別の報告によれば、イチョウ葉エキスと高麗人参エキス、

貴方の注意力に貢献するかもしれません。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11394191


さあ、 切り替えましょう


CHIRON Inc.  荒井

アマゾン商品ページTOPバナースウィッチあいてむおもち?