1)プラセボ群

2)イチョウ葉エキス120 

3
)イチョウ葉エキス120 + ホスファチジルコリン360 

4
)イチョウ葉エキス120 + ホスファチジルセリン360 

それらを摂り、1h2.5h4h6h 後に下記が比較されています。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17457961



・「集中力のスピード」

・「記憶力のスピード」

・「注意力の正確性」

・「記憶力の正確性」

・「二次記憶」

・「ワーキングメモリー」




結論

「二次記憶」と「ワーキングメモリー」では有意差はない

しかしその他の項目では、1)を除くそれぞれが有意に良好。

すべての時間帯で良好なのは 4)。





この実験に参加しているのは平均20歳の健康な男女28人。

割のいいバイトだったのかもしれません。

ホスファチ ジルセリン
360 はなかなかの分量で、一回で飲むのはひと苦労だからです。

そこでホスファチジルセリンは 50 から試してみてはいかがでしょうか。

 





ちかごろ、ホスファチジルセリンは大豆由来であり、また、アスリートを対象に一回 500 から 700 摂取する実験報告もみられます。

 

その分量でも重大な副作用は生じないというわけです。

ただし、相対的に摂り
過ぎた際には不快感は生じます。




摂り入れるタイミングは、食事のあとのほうが効果は長く、穏やかです。

 


しかし


しかし?

 


すでにライバルが使っていたら?

 

それらコンビネーションと相性の良いのが高麗人参エキスとバコパモニエラエキス。


その二つを加えた合計四つのスマートエキスのコンビネーションは、きびしい仕事や学習の遂行と、健康志向の両立をサポートしてくれることでしょう。


ライバルを退けるスマートハーブのコンビネーション、その名前とは・・



CHIRON Inc. 荒井


探究者_switch02-2

▼ストアは
Amazon キロンストア