探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp

カテゴリ: キロンとは?





「機能性表示食品」 という制度があります。

サプリメントのもつカラダへの働き、それらをより具体的に明記できるのが「機能性表示食品」なる制度です。

エビデンスを添え、消費者庁に願い出るのですが

私どものようなサプリメントオタクの者たちが(いえ、“弊社” と言いなおしましょう)

申請の手はずを整えることは、さほどむずかしいことではありません。


ただし

表示許諾を得たとき、頭を悩ますことになります。

ラベルの正面に、ある定められた文言約100文字、裏側に約200文字、表記しなけばなりません。



誠に申しわけございません。

あいにく部屋は、満室。

ラベルの裏側の “文字” からは、狭いのなんのと苦情が寄せられているくらいです。



加えて

“弊社” のポリシーは、これです。

「お客さまに真のサプリメントをお届けいたします」



すなわち

信頼し得る科学研究のしめすとおりに

けんこうに最善の原料を、適切に配合し

美しく、ユニークなラベルで

お客様に、お届けする。




美的にいかがかと思うのです。

文字だらけのサプリメントなど。




本年のご愛顧に、心より御礼を申し上げます。

来年も、皆様方の探求に貢献できますよう、邁進して参る所存でございます。

その内なる “反逆的精神“ への、いち補給部隊といたしまして。

季節柄、どうぞご自愛くださいませ。

CHIRON Inc. 荒井


※ 写真は発売6年目をむかえた SWITCH メタルヴァージョン。
開発当時にあつめた論文や研究ノートがなつかしい。


学ぶ毎日へのラインナップはこちら!
ブログ用SWITCH6周年写真




発売から6年目を迎えた SWITCH とCONCENT 。

ひとえに、お客さまのご声援の賜物です。

心より、御礼申し上げます。

ありがとうございます。



キロンは 、2010年に設立いたしました。

ただ、製品開発は、その5年前、2005年ごろよりスタートしました。


“種子” の中に、その後のすべてが含まれるようなもので・・・

キロン “発芽” に至る、その短い月日の中に、

キロンのすべてが含まれているのだと思います。



わたしたちは、大企業の先行隊、ではありませんでした。

また、百戦錬磨の商売人では(間違いなく)なかったと思います。

たとえば、ブランド名の読みはラテン語読みの「キロン」としましたが、その理由は、わたしたちの持つ専門性とオリジナリティーを示すためのものです。

しかし、英語読みでは「チロン」とも読め、お客様の読み違いを招く恐れから、営業上、得策とはいえません。

では、わたしたちは何だったのかといえば、

各分野のエキスパートの集い、もちろん、サプリメントマニアによる。

行動的なサプリメントオタクチームであった、といえます。


その頃、わが国のサプリメント市場にも、

また、先進的なアメリカの市場にも、

自分たちの欲しい「ブレインフード」がなかったのです。

となると、では、自分たちで作らなければ、と思ったのでした。


調べてみると、理想的な原料候補は30種類以上ありました。

それに伴う研究論文となると、その数は膨大でした。


そこでわたしたちは、情報を共有するために、それら論文を次々読んではレビューを書く

そんな毎日を過ごすことにしました。


こうして、

「日本製のスマートサプリ」を切り開く旅、

とでも申しましょうか、

わたしたちは、開発をスタートさせたのでした。

(その昔、日本語のロックを切り開いた四人の若者がいらっしゃいましたが、その存在には、ずいぶん励まされたものです)


このお話しの最後に、当時書いた「バコパのレビュー」がございます。

バコパとはどのようなハーブか?

あるいは、わたしたちのオタク感も、また、お伝えできるのではないかと思います。



その後、どれほど多くのサンプルを作り続けたことでしょう。


そして、ようやく、満足のゆくものができ、

いよいよ、ラベル作り、

となったとき、

ラベルを担当デザイナーが、病に伏して戦線離脱。


そんな事態もありました。


すでにオフィスは手配済み。

しかし、デザイナーが描いてくれたロゴマークはなんとも魅力的。

そこで、復帰するまでの間、代役を立てることなく発売は延期、と決めました。


そして、そこうしているうちに2011年、

わたしたちの住む仙台は、大きな地震に見舞われもしました。




ようやく発売に漕ぎ着けたのは、2012年10月。


そんな発売に至るまでの歳月が、

わたしたちの「本質」ではないか、と思うのです。



わたしたちは「真のサプリメント」を、皆さまにお届けしたいと思っております。


そもそも、「キロン」とは、ギリシャ神話の登場人物。

そのギリシャに伝わる哲学は、「真」について、こう、述べています。

それは「信」と、「善」と、「美」とが統合された、ヒトのあるべき姿である。


弊社の目指すサプリメント作りという旅には、

道標がありません。

(というよりも、道さえ存在していないのかもしれません)

そのことは「日本製のブレインフード」なる着想を得たときから、明白な事実でした。


そこでわたしたちは、メンバー同志、目指す方向を間違わないよう、互いにコンパスを持ち合うことにしたのです。

すなわち、「真のサプリメント」とはなんだろう?


答えは、これに、ほかなりません。


「信」頼し得る科学研究のしめす通りに

けんこうに最「善」の原料を適切に配合し

「美」しく、ユニークなラベルで仕上げ

お客さまへ、お届けする。



新製品を矢継ぎ早に作ることなど、わたしたちには無理な話です。

たくさんの研究報告を読み解き、実験を行い、試作品をつくり続ける。

しかし、発売に漕ぎ着けたサプリメントは、お客様のお役に立つ「パワーアイテム」となるに違いありません。


旅の結末は、まだ、ずっと先なのであります。

わたしたちの旅も、

おそらくは、皆さまの旅も。


はっぴいえんどになりますように!


CHIRON Inc. 荒井



「バコパによる認知機能の改善とストレスへの抵抗」  


バコパにはアルカロド系成分(Hydrocotyline,Brahmine,Herpestine等)、フラボノイド系成分 (Asiaticoside,Luteonin等) など様々な成分が含まれているが、その主な活性成分はサポニン系成分(D-mannitol,Acid A,Monnierin,Bacoside A,Bacoside B)と言われている。[1,2]

バコパには以下の作用がある。

1) 学習能力の向上
Singhらは、ラットにバコパ40mg/kgを3日間投与し、shock-motivated brightness-discrimination reaction (明暗弁別反応) による適応反応を調べた結果、バコパを投与した群では学習能力が向上し、より長期間の記憶の保持が可能であったと報告している。この際、バコパ投与群ラットの海馬や皮質、視床下部に変化を与え、プロテインキナーゼ(タンパク質分子にリン酸基を付加する、つまりリン酸化する酵素)の活性レベルを上昇させることが証明された。つまりまだ推測の段階ではあるが、プロテインキナーゼの活性レベルを上昇させることで、バコパは神経伝達の向上とシナプスの再生を促進することで損傷した神経を修復している可能性があると述べられている。[3]

2) 記憶力の向上
Kishoreら[4]は、ラットにバコパ20~60mg/kgを2,4,6週間にわたって投与し、空間学習T-maze(作業記憶や参照記憶を評価できる学習実験)や受動的回避行動テストを行った結果、4週間以上バコパを投与した群で記憶保持能力が改善したと報告している。 この際、バコパ投与群ラットの海馬CA-3(学習や記憶に大きく関わっている領域)において、樹状突起の分枝の長さがコントロール群に比べて有意に延長していることが確認されており、これが記憶力の向上の要因となっていることが考えられている。
またRaghavら[5]は、人間を対象として年齢による記憶力低下に対してバコパ125mg/日を12週間摂取したところ、論理的記憶、対連合学習、感情のコントロールの面で有意な改善が認められたと報告している。

3) 抗酸化作用
バコパの抗酸化作用は多くの研究で報告されている。[6,7,8,9,10,11,12] 脳においては記憶に関して鍵となる部分、海馬や前頭葉、線条体といった部分に特に強い抗酸化作用を示すとの報告もある。[6] Russoら[11]はヒト線維芽細胞で細胞損傷やDNA損傷からの保護作用のあるフリーラジカルスカベンジング活性を促進すると報告している。更なる研究で、Russoら[7]は、培養したラットのアストロサイトにおいてもDNA損傷が有意に減少したことを報告している。Anbarasiら[13]らは、bacoside Aが喫煙による酸化ストレスから脳組織を保護したと報告している。
脳老化の原因の一つにはフリーラジカルによるダメージがあるといわれており[14]、バコパの抗酸化作用はそのダメージに対して有用であると考えられる。

4) 抗ストレス作用
Raiらはバコパを投与したラットにストレスを与え、バコパを投与せずストレスのみを与えたラットとの比較 (血液検査、副腎重量、脾臓重量、胸腺重量、胃潰瘍数)を行っている。  急性ストレスに暴露されたラットでは胃潰瘍数、副腎重量、血糖値、AST、ALT、CK値が有意に増加したが、バコパ40mg/kgを投与したラットではそれらの上昇が緩やかなものとなった。
さらにバコパ80mg/kgを投与したラットでは副腎重量、血糖値、AST、ALT値の上昇が認められなかった。  慢性ストレスに暴露されたラットでは胃潰瘍数、副腎重量、AST、CK値の有意な上昇と胸腺重量、脾臓重量、トリグリセリド、コレステロール値の有意な減少が認められたが、 バコパ40mg/kgを投与すると、胃潰瘍数、AST値の上昇が認められなかった。
そしてバコパ80mg/kgを投与すると、副腎重量、CK値も加えて上昇しないという結果となり、バコパの抗ストレス作用を有することが確認された。[15]

5)不安感やうつ症状の改善
動物実験にてバコパはメンタル面にも作用し、不安感やうつ症状の改善が認められることが報告されており、[16,17,18,19,20]これはアセチルコリンやセロトニン、GABAといった神経伝達物質の効果に影響するからであると考えられる。[21,22,23,24]

6) 抗疲労効果
Anandらはラットに強制的水泳試験を3週間行い、その間、バコパ10mg/kgを投与した群としなかった群との比較を行っている。開始から13日目にはバコパを投与した群では投与されていない群に比べて水泳時間が約3倍延びるという結果が得られた。さらにバコパを投与した群では、血清中のBUN、CK値が有意に減少し、脳、肝、筋におけるマロンジアルデヒド(活性酸素によって脂質が酸化したことにより作られる物質)の濃度の減少が認められた。
またバコパ投与群では、HSP-70(熱ショックタンパク、ストレスタンパク質。抗細胞死効果や抗炎症作用を有し、細胞を保護することが知られている)の発現が有意に増加しており、バコパの抗疲労効果が確認された。[25]


[1] Dutta T, Baus UP. Terpenoids: Part Ⅱ-Isolation of new triterpene saponin, monnierin, from Bacopa monniera Wettst. Indian J Chem 1963;1:400-8
[2] Schulte KE,Rucker G, EI-Kersch M. Nicotin and 3-formyl-hydroxy-2pyran aus Herpestis monniera. Phytochemistry 1972;11:2641-9
[3] Singh HK,Dhawan BN. Effect of Bacopa monniera Linn.(brahmi)extract on avoidance resposes in rat. J Ethnopharmacol 1982;5:205-14
[4] Enhanced dendritic arborization of hippocampal CA3 neurons by Bacopa monniera extract treatment in adult rats. Rom J Morphol Embryol 2011;52(3):879-86.
[5] Randomized controlled trial of standardized Bacopa monniera extract in age-associated memory impairment.Indian J Psychiary 2006 Oct;48(4):238-42.
[6] Bhattacharya SK, Kumar A, Ghosal S, Effect og Bacopa monniera on animal models of Alzheimer’s disease and perturbed central cholinergic markers of cognition in rats.In:Sanka DV,editor.Molecular Aspects of Asian Medicine.New York:PJD Publications;2000.
[7] Russo A, Borrelli F, Campisi A, et al. Nitric oxide-related toxicity in cultured astrocytes: effect of Bacopa monnieri. Life Sci 2003;73:1517-26
[8] Sairam K, Rao CV, Babu MD, Goel RK. Prophylactic and curative effects of Bacopa monniera in gastric ulcer models.Phytomedicine. 2001 Nov;8(6):423-30.
[9] Tripathi YB, Chaurasia S, Tripathi E, Upadhyay A, Dubey GP. Bacopa monniera Linn. as an antioxidant: mechanism of action. Indian J Exp Biol. 1996 ;34(6):523-6.
[10] Sumathy T, Govindasamy S, Balakrishna K, Veluchamy G. Protective role of Bacopa monniera on morphine-induced brain mitochondrial enzyme activity in rats. Fitoterapia. 2002 ;73(5):381-5.
[11] Russo A, Izzo AA, Borrelli F, Renis M, Vanella A. Free radical scavenging capacity and protective effect of Bacopa monniera L. on DNA damage. Phytother Res. 2003 ;17(8):870-5.
[12] Negi KS, Singh YD, Kushwaha KP, Rastogi CK, Rathi AK, Srivastava JS. Clonical evaluation of memory enhancing properties of memory plus in children with attention deficit hyperactivity disorder. Indian J Exp Biol. 2000 ;42:42-50.
[13] Anbarasi K, Vani G, Balakrishna K, Devi CS. Creatine kinase isoenzyme patterns upon chronic exposure to cigarette smoke: protective effect of Bacoside A. Vascul Pharmacol. 2005 Jan;42(2):57-61.
[14] Trollor JN, Valenzuela MJ. Brain ageing in the new millennium. Aust N Z J Psychiatry. 2001 Dec;35(6):788-805. Review.
[15] Rai D, Bhatia G, Palit G, Pal R, Singh S, Singh HK. Adaptogenic effect of Bacopa monniera (Brahmi). Pharmacol Biochem Behav. 2003 Jul;75(4):823-30.
[16] Sigh HK, Dhawan BN. Neuropsychophamacological effects of the Ayurvedic nootropic Bacopa monniera Linn. Indian J Pharmacol 1997;29:359-65.
[17] Sigh HK, Rastogi RP,Scimal RC, Dhawan BN.Effect of bacosidesA and B on avoidance responses in rats. Phytother Res 1988;36:133-7
[18] Sigh HK, Dhawan BN. Effect of Bacopa monniera Linn.(brahmi)extract on avoidance responses in rat. J Ethnopharmacol 1982;5:205-14.
[19] Bhattacharya SK, Ghosal S, Anxiolytic activity of a standardized extract of Bacopa monniera-an experimental study. Phytomedicine 1998;5:77-82.
[20] Sairam K, Dorababu M, Goel RK, Bhattacharya SK. Antidepressant activity of standardized extract of Bacopa monniera in experimental models of depression in rats. Phytomedicine. 2002 ;9(3):207-11.
[21] Stough C, Lloyd J, Clarke J, Downey LA, Hutchison CW, Rodgers T, Nathan PJ. The chronic effects of an extract of Bacopa monniera (Brahmi) on cognitive function in healthy human subjects. Psychopharmacology (Berl). 2001 Aug;156(4):481-4.
[22]Bhattacharya SK, Kumar A, Ghosal S. Effect of Bacopa monniera on animal models of Alzheimer’s disease and perturbed central cholinergic markers of cognition in rats.In:Sanka DV,editor.Molecular Aspects of Asian Medicine. New York:PJD Publication;2000.
[23] Ganguly DK, Malhtora CL. Some neuropharmacological and behavioural effects of an active fraction from Herpestis monniera, Linn (Brahmi). Indian J Physiol Pharmacol. 1967;11(1):33-43. No abstract available. 
[24] Dey PK, Datta C. Effect of psychotropic phytochemicals on cerebral amino acid level in mice. Indian J Exp Biol. 1966;4(4):216-9. No abstract available. 
[25] Anand T, Phani Kumar G, Pandareesh MD, Swamy MS, Khanum F, Bawa AS. Effect of bacoside extract from Bacopa monniera on physical fatigue induced by forced swimming. Phytother Res. 2012 ;26(4):587-93.

▼ストア情報
SWITCH は、Amazonで。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76 

アマゾンフロントギャラリースウィッチあいてむ








このページのトップヘ