探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp

カテゴリ: TORCH





成人を対象に 500 mg のアムラ エキスを、12 週にわたり摂取し、採血したという研究報告。

心血管系のリスクファクターを有すると思われる成人に対し、安全に、有益な効果をもたらす可能性がある、と報告しています。


Supplementation of a standardized extract from Phyllanthus emblica improves cardiovascular risk factors and platelet aggregation in overweight/class-1 obese adults.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25756303/


この実験報告では、つぎの可能性が示されています。

アムラエキスは

・悪玉コレステロールを下げる。

・いわゆる血管年齢を守る。

・血栓の形成を防ぐことを助ける。

あくまで、その可能性です。


では、アムラエキスをサプリメントで食す際のご注意をひとつ。

さきほどの論文で使われたアムラエキスは、メイプロインダストリーズ社が供給する「CAPROS」という商品。

CAPROS(商標)は、ポリフェノール 60%以上に規格化されたアムラエキスです。

したがって、さきの論文はこう言い換えることができます。

この点、かなり重要です。

成人を対象に、500mg のアムラエキス、

言い換えますと、

300mg( = 500mg × 60% ) のアムラ由来ポリフェノールを、12週間に渡り摂取した


アムラエキスを選ぶ際には、ポリフェノールがどれだけ含まれているか?

1日にどれくらいのアムラ由来ポリフェノールをとればよいのか?

繰り返しになりますが、その点こそ、重要です。

食事がかたよりがちで、ストレスにさいなまれている方は、

アムラ由来ポリフェノールを1日 300mg。

これを12週間以上。

健やかな毎日のためのに。

TORCH アムラ





アムラは、インド地方でとれるくだものです。

インドでは欠かせない果実なのだそうです。

このアムラは、また、アメリカのサプリメント市場でも人気が高い商品のひとつです。

ポリフェノールを多く含むことから、美容と健康のために、サプリメントで摂るひとも多いようです。

アムラという果実は、おそらくは、「一日一個のりんごは医者を遠ざける」ということわざのインド・ヴァージョンなのだろと思われます。


とはいえ、「民間ではそんな『言い伝え』かもしれないが、科学的にはどうなのだろう?」という意見もあるかと思います。

そこで、科学的な方面から見て、アムラはどのようなチカラをもっているのか。

そのひとつをご紹介します。(ちなみにアムラのエビデンスの数、少数ではありません)

ちょうど日本人女性を対象にしたエビデンスがありました。

専門的な話しになってしまうのですが、その点、何卒、ご了承ください。

では、結論を先に。

寒さが苦手な方は、アムラがよいかもしれません。



Effect of Amla(Emblica officinalis Gaertn.) Etract Ingestion on recovery Body Temperature and Blood Flow Following Cold Stress.

https://www.researchgate.net/publication/342720928_Effect_of_ellagic_acid_on_body_fat_and_triglyceride_reduction_in_healthy_overweight_volunteers_a_randomized_double-blind_placebo-controlled_parallel_group_study


こんな訳になるでしょうか。
寒冷暴露の際の、アムラ(Emblica officinalis Gaertn.)抽出物を摂取することによる体表面温の回復と血流の回復  -ランダム化二重盲目試験―


以下、訳してみました。

Abstract
目的:今回の研究は、冷えに敏感な女性を対象として冷水暴露後の体表面温と血流の回復の程度を評価することです。

方法:32人のボランティアを対象にランダム化二重盲目試験の形で行いました。対象に、アムラを含むサプリメントもしくはプラセボを内服してもらいました。内服後2時間での冷水暴露後の体表面温と血流の回復について評価しました。

結果:アムラ抽出物を内服した群では体表面温と血流に有意な差が認められました。

結論:アムラ含有サプリメントには寒冷暴露後の体表面温と血流の回復を促進しました。この結果はアムラ抽出物が「冷え」を感じている人には有益なサプリメントである可能性を示しています。



Introduction
日本女性の1/3は冷えを感じていると言われています。男性よりも女性のほうが「冷え」を感じる割合が高く、年齢が上がるにつれて増加します。(一部省略)

Amla(Emblica officinalis Gaertn.)は何百年にも渡って重要な木として知られてきました。アムラは熱帯地方やインドやブルマの亜熱帯地方では一般的な木です。アムラは豊富なビタミンC、タンニンやgallic acid、ellagic acidといったポリフェノール、ケルセチンといったフラボノイド系を含んでいます。伝統的医療で、それは下痢や黄疸、感染などに対して使われます。(一部省略)

アムラは抗酸化物質としての側面も持っています。[13]in vitroでアムラは過酸化脂質を抑制してヒドロキシラジカルもしくはスーパーオキシドラジカルのスカベンジャーとして働く可能性が示されています。[14,15]


対象
20-40歳の健康な日本人女性85人としました。

Table2に該当する方(ワーファリン内服歴やすでにアムラを内服している場合、心機能検査などで今回の研究には不適だと思われた場合、今回の研究でアレルギーが出る可能性がある場合など)は除外しました。85人中、32人が対象となりました。過度の運動やダイエット、過食は避けるようにお願いしました。アルコール、お茶やエナジードリンクなどは摂取しないようにお願いしました。コーヒーやキムチ、しょうがは測定までに1,2回は許容しました。


調べたサプリメント
2カプセルを内服してもらいました。1つのカプセルにアムラ抽出物(200mg)デキストリン(7mg)、ステアリン酸カルシウム(2mg)、そして二酸化ケイ素(1mg)が含まれています。一方、プラセボ群のカプセル内にはデキストリン(207mg)、ステアリン酸カルシウム(2mg)、二酸化ケイ素(1mg)が含まれています。


3、省略


4、測定方法
被検者に25℃程度の室内で安静にしてもらい、サプリメントもしくはプラセボ420mgを200mlの水で内服してもらいました。90分後、その室内で15℃の冷水に3分両手をさらしてもらいました。さらした直後、5分後、10分後の体表面温そして血流を測定しました。

以下省略


結果 
32人の被検者をX群とY群とに分けました。脱落者などがありX群17人、Y群14人で比較しました。交差試験の形をとるため、第1ピリオドではX群にアムラをY群にプラセボを内服してもらい、1週間のインターバルを置いたのち、X群にプラセボを、Y群にアムラを内服してもらいました。

Table3が研究前、31人の被検者のデータです。年齢、体重、収縮期血圧、拡張期血圧、脈拍数、体表面温、血流など、両群で差は認められませんでした。


第1ピリオド終了後
Fig.2は寒冷暴露後の体表面温の回復を示したものです。寒冷暴露後、アムラ内服群の手背の体表面温回復がプラセボ群より早いことがわかります。5分後の測定でアムラ内服群は2.37±0.09℃、プラセボ群は2.00±0.17℃の上昇が認められ、その上昇の差は有意なものとなりました。指の血流に関しては、アムラ内服群では5分後の時点で12.33±0.69となり、プラセボ群の10.07±0.59と比較して有意に高いものとなりました。

第2ピリオド終了後の血流試験結果は明らかに違うものとなったため、交差試験の結果は評価できるものではないと結論付けました。
重大な副作用は確認されませんでした。


Discussion
(要約)アムラはビタミンCやガーリック酸、エラージック酸などといった抗酸化物質を含んでいます。局所を冷やすことによる皮膚の血管収縮はアドレナリンやノルアドレナリンメカニズムによっておこるものです。

そして、寒冷暴露早期(10分未満)ではすぐの血管収縮を引き起こすのはNE(ノルエピネフリン?)が惹起すると言われています。この反応は抗酸化物質によって緩やかとなることがわかっています。アムラは強力な抗酸化作用を有しており、その作用によって体表面温の回復や血流の増加を早めているのかもしれません。

その他のメカニズムの可能性として内皮NOの働きがあります。NOはNOS(NOシンターゼ)によって活性化され局所の血管収縮に関与し、皮膚温の上昇をもたらすことが分かっています。NOSはポリフェノール類によって活性化されます。よって、ポリフェノール類は血流を改善し、冷えの症状を緩和する可能性があります。

(一部省略)Karazawaらは、ミロスタゾール(血小板凝集作用と血管平滑筋弛緩作用のある薬)が冷水ストレスによる皮膚温の回復を早めたことを報告しています。[35]この結果により血小板凝集作用と皮膚温には関連性があることがわかります。

我々の研究ではアムラのcorilaginやその他のellagitannin componentsはin vitroでトロンビンによる血小板凝集を抑制し、それによりAPTTやPT時間を延長させることがわかっています。[36]

つまり、アムラには抗血栓作用があるということです。このellagitanninの作用によりアムラには寒冷暴露後の体表面温の回復作用があると考えられます。(以下省略)



以上、引用を、終わります。

日本でアムラを摂る場合、方法としては、サプリメントで摂ることになるかと思います。

その場合、品質の良いサプリメント選びの目安となるのが、そのアムラエキスにポリフェノールがどれくらい入っているか、という点です。

商品のキャッチコピーだけでなく、商品ラベルのすみずみまで目を通し、お選びいただくことが必要です。

皆さまのご健康、心よりお祈り申し上げます。
TORCH アムラ





■ キロンの TORCH に含まれるアムラエキスを


ポリフェノール 20% 規格の250㎎ から


ポリフェノール 40% 規格の 300㎎ に増量いたしました。


さらに、ホーリーバジルエキスは150㎎ から180㎎ へ増えます。


(分量は3カプセル中)


この変更で期待できることは、循環の健康サポート。


そしてより「軽やかな毎日」へのアプローチです。


「打たれ強い自分」登場!


TORCH ver.2 は 10月の初旬、発売です。


■ ところで、多忙なワーカーのためのブレインフードといえば「ハイパー・スウィッチ」ですが、そのハイパー・スウィッチがパワーアップしました。 


さて、名前は?


「・・・スーパーデューパー・・・スウィッチ?」


いいえ、ちがいます。


ver.2 です。


集中する時間、学び続ける日々、ストレスの多い毎日のためのバコパエキスが、50㎎ から 80㎎ に増えました。(2カプセル中)


「フル回転させなきゃ!」


ふたつの ver.2 は、Amazonでお求めくださいませ。




CONCENT のアップグレード版 ver.4フの仕上がりが遅れてしまい、登場する頃には夏が終わりそうです。


とはいえ、ストレス艦隊からの攻撃は不可避。


どうしたものか?


そこで、われわれ補給部隊は二つの作戦を立てました。


【TORCH をご装備ください】


集中力のゴツコラと若さをサポートするアムラ。


メンタルに寄り添い軽やかな毎日をサポートするホーリーバジル。

加えて、前進力を助けるアルジュナ。


それら含むのがキロンの「TORCH」です。


ココロ防御シールドの強化が期待できます。


コンセントに並ぶ作戦といえましょう。



【または呪文】


憂うつや不安、緊張の高まりが生じたとき、「呪文」を唱えるというのはいかがでしょう。


世界はやがて明朗な色調を帯びはじめ、新鮮さの度合いを増してゆくかもしれません。


ヒンドゥー教のアドヴァイタ。


チベット仏教のゾクチェン。


そして禅。


それらの教えがたどり着くのがこの呪文です。


では、唱えましょう。


「これでいいのだ!!」


具体例です。


「きょうの営業先、ニガテなんだよな・・・でも、これでいいのだ!」


「 ワタシはホント緊張しやすく病的なほどに心配性・・・でも、これでいいのだ!」


「『これでいいのだ!』と自分に言い聞かせているのだけれど、でも、こぼれ落ちるナミダがとまらない・・・でも、これでいいのだ!」


「これでいい⁉ 向上心持とうよ、と意識高いワタシ。 これで、いいのだ!」


しゃくさわるときも


悲しいときも


ワタシもアナタも


これでいいのだ!


サプリメントを飲むこと、忘れてしまいそうですね。



それも、いいかナ。


CHIRON Inc. 荒井


★TORCH はこちら!

★CONCENT ver.5はこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B017DM21GI

★「呪文」はこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=RawC-7fxME0





iStock_14059572_XLARGE




「艦長! 新しい防御シールドが完成しました。」


「ラフォージ。 どう新しいのだ?」


「指令室と機関室に、強いフォース・フォールドを張ります。」


「そうか。 エンタープライズの頭脳と心臓を守ろうというのだな。」


キロン第四のブレインフード


「TORCH トーチ」 が発売となりました。


これはいわば、「包括的なブレインフード」です。


頭と循環とメンタルの健康に寄り添う植物エキスを配合しました。


そこで本日は、TORCH に配合したアルジュナエキスをご案内いたします。 


循環のためのサプリメントも世界にはたくさんあるのですが、

日本で選べるものは限られており、

あるのは、血のめぐりを良くする方法で、循環の「核心」を労わるもの、くらいです。

魚の油、DHA、EPAなどです。


宣伝ではよく「サラサラ」などと表現されています。

とはいえ、循環の健康に寄与する原料、世界には、DHA しか存在しない、というわけではありません。


サプリメントの原料が人々の話題にのぼること、実際にはそう多くありません。

ですので、新しい原料が世に知れ渡るまでにはそれなりの時間がかかったりもします。


たとえば、わたくしたちが「キロン」 を構想した当時、

脳のためのサプリメントで世に知られているの原料はぜいぜい一、二種類。

イチョウ葉エキスはなんとか知られていたようにも思います。


また、アスリートのためのサプリメント製作にたずさわっていた 2000 年頃、

BCAA も知られているとは言い難く (必須アミノ酸です)、

「あのやばい奴だろ」 と、耳うちされたことも今では懐かしく思い出されます。


もっとも、いまマニア間で耳うちされているのは『キロン』かもしれませんけれど。


(光栄です)


それは良いとして。

私たちのコレステロールの値はアメリカを超える勢い、すでにメジャー級です。

日本人が亡くなる原因の統計で、心臓のトラブルは、近年、常に上位です。


広く選べてもよいのではないでしょうか。


「心臓のためのサプリメント」も。 


ターミナリア・アルジュナエキスもそのひとつです。

この植物エキスが、この先、日本で話題になるか否かは分かりませんが、

数千年前よりインドの方々に貢献していることは確かです。


近年、このアルジュナエキスはアメリカのサプリメント販売サイトでも簡単に手に入ります。


そしてこの日本でも、アルジュナエキスは医薬品ではなく【サプリメント】の扱いです。


アルジュナエキスは、インド地方に育つ樹木の皮から採れる樹皮エキスです。


アーユルヴェーダでは、循環の健康に用いられる主要な植物という地位にありますが、

その働き、心臓を疲れさせる強壮作用ではありません。


循環の健康をサポートしたい方、

多忙で偏りがちな食事の毎日、

前進する力が欲しい方は、

アルジュナエキスをご検討されてみてはいかがでしょうか。


CHIRON Inc. 荒井


TORCH はAmazonでお求めください。
http://www.amazon.co.jp/dp/B012TF7YFW






iStock_000023964665_Full

Dwivedi,S.,Chansouria,P.N.,Somani, P.N.,and Udupa, K.N. (1987). Influence of certain indigenous drugs on the Prostaglandin E like activity in the ischemic rabbit aorta. Indian Drugs,24 (8), 378-382.

Singh, N., et al. (1982). Mechanism of cardiovascular action of Terminalia arjuna. Planta Medica, 45:102-104.

Tiwari, A.K., Gode, J.D. and Dubey, G.P (1990). Effect of Terminalia arjuna on lipid profiles of rabbits fed hypercholesterolemic diet. Int. J. Crude Drug Res. 1, 43-47.
http://www.researchgate.net/publication/232052375_Effect_of_Terminalia_Arjuna_on_Lipid_Profiles_of_Rabbits_Fed_Hypercholesterolemic_Diet

Khanna, A.K Chander Ramesh and Kapoor, N.K. (1996). Terminalia arjuna : an Ayurvedic cardiotonic regulates lipid metabolism in hyperlipaemic rats. Phytotherapy Res. 10, 663-665
http://www.researchgate.net/publication/230186202_Terminalia_arjuna_an_Ayurvedic_Cardiotonic_Regulates_Lipid_Metabolism_in_Hyperlipaemic_Rats

Tripathi,Y.B.(1993). Terminalia arjuna extract modulates the contraction of rat aorta induced by KCI and Norepinephrine. Phytotherapy Res.7,320-322.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ptr.2650070413/abstract

Dwivedi, S. and Agarwal, M.P. (1994) Antianginal and cardioprotective effects of Terminalia arjuna, an indigenous drug, in coronary artery disease. J. Assoc. Phys. India, 42:287-289.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7741874

このページのトップヘ