探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp

カテゴリ: HYPER SWITCH




■ キロンの TORCH に含まれるアムラエキスを


ポリフェノール 20% 規格の250㎎ から


ポリフェノール 40% 規格の 300㎎ に増量いたしました。


さらに、ホーリーバジルエキスは150㎎ から180㎎ へ増えます。


(分量は3カプセル中)


この変更で期待できることは、循環の健康サポート。


そしてより「軽やかな毎日」へのアプローチです。


「打たれ強い自分」登場!


TORCH ver.2 は 10月の初旬、発売です。


■ ところで、多忙なワーカーのためのブレインフードといえば「ハイパー・スウィッチ」ですが、そのハイパー・スウィッチがパワーアップしました。 


さて、名前は?


「・・・スーパーデューパー・・・スウィッチ?」


いいえ、ちがいます。


ver.2 です。


集中する時間、学び続ける日々、ストレスの多い毎日のためのバコパエキスが、50㎎ から 80㎎ に増えました。(2カプセル中)


「フル回転させなきゃ!」


ふたつの ver.2 は、Amazonでお求めくださいませ。




「HYPER SWITCH」 を発売しました。


集中力が欲しいとき、

怒涛のアウェー感に圧されぎみなときに、

このサプリメントをお求めください。



ご注意点、その一。


「SWITCH」 と併せて飲むことはできません。


切り替えて使います。


先発のマウンドは、あくまで 「SWITCH」が良いでしょう。


ゲームは長く、幸運の女神は気まぐれです。



しかし、「SWITCH」と、持ち前の根性 ではしのぎきれない苦境。


勝負所で大ピンチ。


そこで「HYPER SWITCH」 のリリーフ登板を検討してみてはいかがでしょうか。



SWITCH と HYPER SWITCH、

両者はひとつの原料だけが異なります。


「SWITCH」 に含まれるのは 「大豆レシチン抽出物」。 

この 「大豆レシチン抽出物」 は、

大豆からレシチンを抽出、さらにそのレシチンから脳が働くために必要な複数のリン脂質を抽出。

具体的には、ホスファチジルセリン、同イノシトール、同コリンなどをバランスよく含んでいます。

この原料のブランド名は「セリンエイドP20」です。


SWITCH は、そのようにバランスの良いリン脂質を含んでいる点で、知的健康のための日常的なスマートサプリメントであるといえます。


対する 「HYPER SWITCH」は、「大豆レシチン抽出物」 から、されに 「ホスファチジルセリン」 だけを抽出。

それを2カプセル中100㎎ 配合しています。


こんな関係式が分かりやすいかもしれません。

大豆 >大豆レシチン >大豆レシチン抽出物 >ホスファチジルセリン 


このホスファチジルセリンの配合純度が高まると、集中力と忍耐力がよりしっかりすることが期待できます。

そして、HYPER SWITCH に採用した原料の銘柄は「リパミンPS 90 PN」。

PS含有率は 88%以上のものです。


最後に、こんな質問が寄せられるかもしれません。

≪抑えの切り札≫ は、先発のマウンドに立てるのか?


つまり、「HYPER SWITCH」 は、普段使いできるのか?



もちろん、できます。


「HYPER SWITCH」 に配合したPS100㎎ と、他に配合されたイチョウ葉エキス、高麗人参エキス、バコパエキスとの協同力は、日々、エース級の働きしてくれることでしょう。


では、その場合、≪抑えの切り札≫ には、何を使ったらよいでしょうか?


「SWITCH」 を「HYPER SWITCH」 の抑えに回す、

というのでは、ちょっと物足りないかもしれません。

PS100㎎ の効力に慣れたあとでは、いささか威力にかけた感じがするかもしれません。

では、HYPER よりも強力な SWITCH は作らないのか? ですって。 



そうですね・・・スーパーデューパースウィッチ・・・。



作る予定は、ありませんよ。


「HYPER SWITCH」


貴方のなかの優勝請負人に!

Amazon でお求めくださいませ。




登場を予告した「HYPER SWITCH」


7月初旬までには発売へとこぎつけます。



勝負所用のアイテムとなるべく、フォーミュラをデザインしました。


従来の「SWITCH」と異なるところは、ホスファチジルセリン (PS) の配合量です。


2カプセル中、PS 100㎎ に、こうご期待です。


たとえば、どのような場面で?


たとえば・・。


日当直明けの勤務医のみなさま、「誠に恐縮ですが、きょうの日勤も、ぜひ」のような場面で、ぜひ。


二つ目のお知らせ。


「SWITCH」はこれまでの通り、ワーカーのための定番アイテムです。


アップグレード版 ver.2 は、夏までにはお届けする予定です。


現ヴァージョンと異なるところは「大豆レシチン抽出物」の配合量です。


2カプセル中 50㎎ から80㎎ へと増量します。


ところで、「大豆レシチン」と「大豆レシチン抽出物」


 何が違うのでしょうか。


「大豆レシチン」は、コレステロールの値を気にする人に好まれるサプリメントです。


一方「SWITCH」 に採用している 「大豆レシチン抽出物」 は、その「大豆レシチン」の中から、さらに、脳に届き、栄養となる「リン脂質」を抽出したものです。


ホスファチジルセリンやホスファチジルコリンなど、脳が健康に働くためのリン脂質がバランスよく含まれています。


大豆 >大豆レシチン >大豆レシチン抽出物。


きびしい仕事や学習の遂行と健康との両立を目指すみなさま、「SWITCH ver.2」を、ご検討下さい。



新しい冒険の幕を開けましょう。


CHIRON Inc.   荒井




bnr_hyperswitch01
 




クイズ!


記憶力に不可欠な栄養とは?


健康を気にするビジネスパーソンには、よく知られた栄養かもしれません。


ひとつには、レシチン。



レシチンは、神経伝達物質であるアセチルコリンを増やすための原料であるコリンとなって脳に運ばれる、というのがその理由です。



では、アセチルコリン不足は、脳にどのような影響を及ぼすのでしょうか?


記憶の形成、集中力、感情表現を弱らせる。


睡眠のリズムも狂わせることになる。



ようするに、脳がスタミナが切れをおこします。


アセチルコリンを放出するニューロンが、脳内に広く行きわたっているために、


そうした事態が生じます。



という訳で、頭をよく使う方は、すすんでレシチンを摂りましょう。


原料の増加は、生産の増加へとつながります。


たとえば、食事はタマゴかけ御飯。

おやつにチョコレートでも良いと思います。



とはいえ、栄養バラスの良い食事、さて、一体いつのことでしょう?


昼飯にありつけるのは午後三時を過ぎてから。


それから深夜まで面倒な仕事にかかりきり。


寝るまも惜しんで受験勉強という方は、どうしましょう?



答え


高麗人参エキスを摂りましょう。


(サプリメントなる存在は、過剰に生きる人のためにある、というのがキロンの主張です)



この伝統的な植物エキスが、いわゆる滋養強壮だけでなく、脳の健康を守ることは以前こちらでもご紹介いたしました。


たとえば、「怒り」のような興奮を抑えきれない場合、

ニューロン内にグルタミンが過剰に流入してしまい、

いわゆる「興奮毒性死」が生じたりもします。


しかし、様々な研究論文を調べてゆきますと、

そんなニューロンのストレスと高麗人参エキスとの良好な関係について、

有意義な研究報告を見つけることができます。


そして高麗人参エキスはアセチルコリンにも有益である可能性が高いです。



脳内で、アセチルコリンは、リサイクルされます。


シナプスからアセチルコリンが放たれる。


と同時に、

放出されたアセチルコリンを分解するための 酵素が動き出します。

お掃除しなければいけませんので。


こうして、アセチルコリンは、コリンへと戻ります。


分解されたコリンは、再び細胞内に取り込まれ、アセチルコリンへと合成されます。



ここで話しの最初に戻りましょう。

アセチルコリンを増やしたいなら

原料である コリンを含む栄養をすすんで食べましょう。


そして、もう一つ、アセチルコリンを増やす方法とは?

アセチルコリンは放出後、分解されてコリンがニューロンに取り込まれるわけですが、

その取り込みをサポートする栄養も、併せて摂りましょう。


つまり、≪アセチルコリンのリサイクル効率を良くする≫ しましょう。


いわばコリンの「もったいない」を減らす、という感じです。


そこでお勧めするのが、

高麗人参エキスです。 


高麗人参エキスに含まれる活性成分ジンセノサイドRb1 は、

そのリサイクル効率を促す可能性があるようです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=1338897


ちなみに、

食事から脳に運ばれるコリンは、

加齢とともに減少します。

また、ストレスはアセチルコリンを減らしてしまいます。


三十代以上の頭脳ワーカーのみなさん。


高麗人参エキスは、必須かもしれません。




ちょっと長くなりますが、それについて私の経験をひとつご紹介させていただきます。


二年前、初めて知ったのですけれど、

赤ん坊の「食事」というのは三時間ごと、なんですね。


初めて授かる子供に幸福感を感じる一方で、

子供が生まれてからの三か月間、

わたしの睡眠が三時間を超える日はなかったように思います。


夜中に何度も目を覚ます妻をおいて、熟睡するなんてことは、なかなかできません。


しかしわたしはその頃、仕事への集中力は途切れずに済み、

また夜になっても、子供の泣き声に対し、ココロのバランスを保つこともできました。


家内の努力と、SWITCH があったからだと思います。


この経験から分かったことがあります。


脳のための栄養は、ココロのバランスを支える可能性があるということ。

そしてまた、

家庭も挑むべき冒険である、という事実。



みなさまの冒険が歓びに満たされることを、心から祈りつつ。


CHIRON Inc. 荒井


自由を得るための栄養を手にしよう!
アマゾン商品ページTOPバナースウィッチあいてむおもち?




高麗人参とえいば、滋養強壮という印象をお持ちかもしれません。


ところがこの伝統的な植物、

男の期待を膨らませるテストステロンに関係するだけではありません。


(ちなみに女性の場合は、女性ホルモンに関係するようです)


高麗人参は、知的健康を守るハーブでもあります。



気のおけない男同士なら、きっと、こう言うでしょう。


「ようするに、アタマとタマに効くってことさ」




知的ワーカーは、高麗人参エキスをご検討下さい。


高麗人参がいかにスマート・ハーブであるか、

研究論文を探してみると、その証拠は容易に見つけ出すことが出来ます。

ご参考に、タイトルのみを最後に記しました。



高麗人参エキスの「知的さ」を要約いたしますと、

それは仕事の能率が気になる方 、

擦り切れた毎日にさいなまれている方、

「考える」チカラの健康を守りたい方、

などが、第一に検討すべき植物エキスであるということができます。




では、お伝えしましょう。

キロンの SWITCH を、アタマのためにお使いください。


たまに、ではなくね。


(・・・おやじギャクになっちまった)



CHIRON Inc.   荒井


探究者のための健康、SWITCH はこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B0095GON76


[Xue JF, Liu ZJ, Hu JF, Chen H, Zhang JT, Chen NH. Ginsenoside Rb1 promotes neurotransmitter release by modulating phosphorylation of synapsins through a cAMP-dependent protein kinase pathway. Brain Res. 2006 Aug 23;1106(1):91-8. Epub 2006 Jul 11.

 Benishin CG. Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings. Neurochem Int. 1992 Jul;21(1):1-5.

Sloley BD, Pang PK, Huang BH, Ba F, Li FL, Benishin CG, Greenshaw AJ, Shan JJ. American ginseng extract reduces scopolamine-induced amnesia in a spatial learning task. J Psychiatry Neurosci. 1999 Nov;24(5):442-52.

Abe K, Cho SI, Kitagawa I, Nishiyama N, Saito H. Differential effects of ginsenoside Rb1 and malonylginsenoside Rb1 on long-term potentiation in the dentate gyrus of rats. Brain Res. 1994 Jun 27;649(1-2):7-11.

Samira MM, Attia MA, Allam M, Elwan O. Effect of the standardized Ginseng Extract G115 on the metabolism and electrical activity of the rabbit's brain. J Int Med Res. 1985;13(6):342-8.

Himi T, Saito H, Nishiyama N. Effect of ginseng saponins on the survival of cerebral cortex neurons in cell cultures. Chem Pharm Bull (Tokyo). 1989 Feb;37(2):481-4.

Rudakewich M, Ba F, Benishin CG. Neurotrophic and neuroprotective actions of ginsenosides Rb(1) and Rg(1). Planta Med. 2001 Aug;67(6):533-7.

Kim YC, Kim SR, Markelonis GJ, Oh TH. Ginsenosides Rb1 and Rg3 protect cultured rat cortical cells from glutamate-induced neurodegeneration. J Neurosci Res. 1998 Aug 15;53(4):426-32.

Kim S, Ahn K, Oh TH, Nah SY, Rhim H. Inhibitory effect of ginsenosides on NMDA receptor-mediated signals in rat hippocampal neurons. Biochem Biophys Res Commun. 2002 Aug 16;296(2):247-54.

Kim S, Kim T, Ahn K, Park WK, Nah SY, Rhim H. Ginsenoside Rg3 antagonizes NMDA receptors through a glycine modulatory site in rat cultured hippocampal neurons. Biochem Biophys Res Commun. 2004 Oct 15;323(2):416-24.

 

iStock_000015346724Small
 

このページのトップヘ