探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp

カテゴリ: COOL SWITCH



高麗人参も優れたスマートハーブ。

簡潔に申し上げるなら

1.知的活動を支え、[12.3,4,5] 

2.知的健康を守る 。[6.7,8.9.10]


具体例として

神経伝達物質のアセチルコリンは、脳内でリサイクルされる仕組みがあるのですが、そのリサイクル効率をサポートする働きが、高麗人参にはある。

というのは、このエビデンス。

「Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings.」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=1338897

アセチルコリンの放出量が最適化される


記憶力、集中力が良好な状態へとつながってゆく


でもあります。


では、本題。

「覚えるチカラ」を助けたいとき、高麗人参をどうとるか?


答え

イチョウ葉エキスと一緒に、摂りましょう。


分量は

高麗人参エキス 100mg と イチョウ葉エキス 60mg 、これを1日 2回。

または、高麗人参エキス 200mg とイチョウ葉エキス 120mg、これを1日 1回。


空腹に摂ると不快感を招くかもしれもしれません。

食事の後が良いと思います。


下記のレビューでは、イチョウ葉エキスと高麗人参エキスの組み合わせについて、約二十歳から七十歳の健常人に対する様々な研究報告が紹介されています。

「A systematic review of research investigating the physiological and psychological effects of combining Ginkgo biloba and Panax ginseng into a single treatment in humans: Implications for research design and analysis.」


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=30729756

たとえば、

256人の健常人を対象にイチョウ葉エキス 60mg と高麗人参エキス 100mg を1日2回。

もしくは、イチョウ葉エキス 120mg と高麗人参エキス 200mg を1日1回飲んでもらい、

二重盲目プラセボコントロール研究を16週間にわたって行う。

2週間のプラセボ内服期間を経て、

内服開始後4週間、8週間、12週間、内服終了2週間後 (14週間目)、

に下記を評価。


1) 記憶の正確さ


2) 記憶の早さ


3) 集中力


4) 集中力の持続


結果:4、8、12、14週の評価時点すべてで記憶力に有意な改善が認められた。


では、イチョウ葉エキス、高麗人参エキス、それぞれ単体との比較はどうかと言いますと、

このような記述

「記憶の質に関しては、イチョウ葉エキス、高麗人参エキス単体であっても記憶の質の改善は見込めるものの、効果を発揮する時間はそれぞれ異なっていました。イチョウ葉エキスは内服後約6時間、高麗人参エキスは内服後約4時間。(中略)・・・・この結果により、イチョウ葉エキスと高麗人参エキスを組み合わせることにより、記憶力の質の改善がよりパワフルにはっきりとしたものになる可能性があり、さらに効果発現時間も早いものになる (内服後60分) 可能性が示唆されました。」


注意点。

高麗人参エキスが体質に合わない方もいらっしゃいます。


たとえば、これはひとつの目安ですが、

血圧が高めの方
熱くなりやすい方
のぼせやすい方
ご高齢の方

また、体質や体調の変化だけでなく、
季節の変化でも、高麗人参が合わなくなることも、あり得ます。


高麗人参エキスが体質に合わない場合、
代わりとなるのはアメリカ人参エキス。

主要な活性成分はどちらも同じ。(含有比率が異なります)

伝統的に高麗人参は「温性」、アメリカ人参は「冷性」とも呼ばれます。


高麗人参エキスとイチョウ葉エキス。

アメリカ人参エキスとイチョウ葉エキス。


どちらも体質に合うということもあり得ます。

その場合、朝と夜、休日と平日、夏と冬とで使い分ける

など、

自分に合ったサプリメンテーションを組み立てるというのもサプリメントの面白いところです。


CHIRON Inc. 荒井


知的健康1000、900コピー

[1] Xue JF, Liu ZJ, Hu JF, Chen H, Zhang JT, Chen NH. Ginsenoside Rb1 promotes neurotransmitter release by modulating phosphorylation of synapsins through a cAMP-dependent protein kinase pathway. Brain Res. 2006 Aug 23;1106(1):91-8. Epub 2006 Jul 11.

[2] Benishin CG. Actions of ginsenoside Rb1 on choline uptake in central cholinergic nerve endings. Neurochem Int. 1992 Jul;21(1):1-5.

[3] Sloley BD, Pang PK, Huang BH, Ba F, Li FL, Benishin CG, Greenshaw AJ, Shan JJ. American ginseng extract reduces scopolamine-induced amnesia in a spatial learning task. J Psychiatry Neurosci. 1999 Nov;24(5):442-52.

[4] Abe K, Cho SI, Kitagawa I, Nishiyama N, Saito H. Differential effects of ginsenoside Rb1 and malonylginsenoside Rb1 on long-term potentiation in the dentate gyrus of rats. Brain Res. 1994 Jun 27;649(1-2):7-11.

[5] Samira MM, Attia MA, Allam M, Elwan O. Effect of the standardized Ginseng Extract G115 on the metabolism and electrical activity of the rabbit's brain. J Int Med Res. 1985;13(6):342-8.

[6] Himi T, Saito H, Nishiyama N. Effect of ginseng saponins on the survival of cerebral cortex neurons in cell cultures. Chem Pharm Bull (Tokyo). 1989 Feb;37(2):481-4.

[7] Rudakewich M, Ba F, Benishin CG. Neurotrophic and neuroprotective actions of ginsenosides Rb(1) and Rg(1). Planta Med. 2001 Aug;67(6):533-7.

[8] Kim YC, Kim SR, Markelonis GJ, Oh TH. Ginsenosides Rb1 and Rg3 protect cultured rat cortical cells from glutamate-induced neurodegeneration. J Neurosci Res. 1998 Aug 15;53(4):426-32.

[9] Kim S, Ahn K, Oh TH, Nah SY, Rhim H. Inhibitory effect of ginsenosides on NMDA receptor-mediated signals in rat hippocampal neurons. Biochem Biophys Res Commun. 2002 Aug 16;296(2):247-54.

[10]  Kim S, Kim T, Ahn K, Park WK, Nah SY, Rhim H. Ginsenoside Rg3 antagonizes NMDA receptors through a glycine modulatory site in rat cultured hippocampal neurons. Biochem Biophys Res Commun. 2004 Oct 15;323(2):416-24.





お役に立つと思われます。

研究論文をひとつご紹介いたしましょう。

The dose-dependent cognitive effects of acute administration of Ginkgo biloba to healthy young volunteers.

PMID:11026748

タイトルはこうでしょうか。

「健康な若年被験者を対象としたギンコを短期内服した際の認知機能に対する用量依存性効果の検討」


この論文は、四つの認知項目

・注意力の速度

・注意力の正確さ

・記憶の速度

・記憶の正確さ

について、イチョウ葉エキスが明確な効果をもたすかを報告しています。


20人の被験者を対象にイチョウ葉エキス 120mg,240mg,360mg、もしくはプラセボを内服してもらう。


結果

有意な変化が認められた。


なかでも最もはっきりしたものは、注意力の速度。

その項目については、飲む量が増えるにしたがい(120mg < 360mg )明確な違いとなって表れたとのこと。

とはいえ、一回 360mg のイチョウ葉エキスはかなりの分量です。

日常では一回 120mg が良いところではないでしょうか。


CHIRON Inc.  荒井

iStock_43730090_XLARGE




「注意・落着き」でえらびたい場合、はじめは COOL SWITCH が宜しいかもしれません。

または、冷静でありたい方や SWITCH が「重く」感じられる方にも。


COOL SWITCH は、“ワーキング” へのサポート力が特徴的です。

日常生活の段取りをつけ、目標を掲げ、そこに至る道筋を自分なりに工夫し、計画、実行へと移す。

COOL SWITCH は、そんな “ワーキング” をサポート。

目標志向を支え、助けるスマートサプリであるといえます。

 


SWITCH は 「高麗人参」を 、COOL SWITCH は 「アメリカ人参」 を、用いています。

分量はどちらも同じです。

その二つのハーブが体感の違いとなって現れます。


では、選び方のポイントです。


- ポイント1 - 

SWITCH のエネルギーサポート力が強く感じられる方は、

COOL SWITCH が宜しいかもしれません。


たとえば

10代の方、ご高齢の方、血圧たかめ方などは、

高麗人参のサポートが強く感じられることがあるようです。

(通院している方は、どのようなサプリメントでも、医師との相談が不可欠でございます)
  
漢方の伝統において、高麗人参は「温性」、アメリカ人参西洋人参は「涼性」ともいわれます。

のぼせやすい方も、高麗人参よりアメリカ人参の方があっている、ともいわれます。


- ポイント2 -

冷静への COOL SWITCH。

「注意・落着き」で選ぶなら、

COOL SWITCH から、お試しになられてはいかがでしょうか。


アメリカ人参は、高麗人参に比べて、目標志向、注意、リラックスへのサポート力が高いです。

目標志向、注意力は、ワーキングメモリーとの関係です。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=20676609

ワーキングメモリーとは、作業記憶。

長期的に定着させる記憶ではなく、日常生活を円滑に進めるため、一時的に記憶を保持する機能です。

たとえば会話において、

相手の言ったことを、少なくとも、返答するまでの間、覚えておかなければ会話を成り立たせることはできません。

そんな記憶の保管場所がワーキングメモリーの役割のひとつです。

あるいは、部屋の掃除に取り掛かろうというとき、

掃除という目的を覚えていなければ、足の踏み場もなくなってしまうことでしょう。


ワーキングメモリーとは、いうなれば、日常生活を段取りし、目標を立て、そこに至る道筋を自分なりに工夫し、計画、行動へと移すための機能です。

未来を左右する機能、ともいえそうです。



先ほどのリンク先で行われたテストでは、

自己評価における「冷静さ」の項目において、アメリカ人参のサポート力が認められています。

ワーキングメモリーの良好な作動は、こころの冷静さへとつながる、ともいえるのかもしれません。

アメリカ人参の特長です。



- ポイント3-

アメリカ人参は高麗人参に比べて、

リラックスへのサポート力が高いです。


リラックスは、GABAやセロトニンとも関係します。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27013946


リラックスからもたらされる、前向きさ、明るさ、やる気など。

メンタルバランスもアメリカ人参の特長です。



- ポイント4 -

情熱への SWITCH。

活力がもたらす前向きさ、明るさ、やる気へのサポートを求めたいとき、

SWITCH をお選び下さい。


高麗人参は、アメリカン人参よりもエネルギーサポート力が高いです。

情熱、ON しましょう!



- ポイント5 -

どちらもご利用下さい。

高麗人参(SWITCH)と アメリカン人参(COOL)

どちらも  ≪知的健康を守るスマートハーブ≫  です。  


SWITCH も COOL SWITCH も

☑学習回路の構築をサポート
☑集中力をサポート
☑知的健康維持をサポート


皆さまの不屈の探求心、サポートさせていただきます。


COOL背景白










4月12日、発売です。

何卒、ご期待くださいませ。 

▼COOL SWITCH はアマゾンで!
https://www.amazon.co.jp/dp/B07P9XSK2G?ref=myi_title_dp

アマゾンギャラリーCOOL




静岡県の K 様からのご質問。


Q 落ち着きがなくて困っています。


キロンのSWITCH は、 多動に良いのでしょうか?


A サプリメント・メーカーがお伝えできる表現は限られております。


そこを踏まえてのご回答です。


SWITCH 、または COOL SWITCH(2019年4月発売)をお勧めいたします 。


それぞれに植物エキスが四つ、含まれております。


どの植物エキスも注意力に関する研究報告を見出すことができます。


たとえば、3 ~ 17歳の36人を対象とした研究。

(本文の最後にタイトルを記しました)


対象者には、アメリカ人参エキス 200mg とイチョウ葉エキス 50mg の入ったカプセルを1日 2カプセル、4週間内服してもらう。


そして 、

反抗的行動、

学習、

多動‐衝動性、

易不安性、

完璧主義、

社会的問題、

情緒の変化

についての観察を行う。

深刻な副作用は報告されていない、とのことです。


(結果? サプリメントメーカーという立場上、ここに明確に書けないのです。すいません)



ちなみに、

キロンの SWITCH 、2カプセルの分量は

高麗人参エキス 200㎎
イチョウ葉エキスは 120 ㎎ 
ホスファチジルセリン含有大豆レシチン抽出物 100mg
バコパエキス 80mg



COOL SWITCH 、2カプセルの分量は

アメリカ人参エキス 200mg 
イチョウ葉エキスは 120 ㎎ 
ホスファチジルセリン含有大豆レシチン抽出物 100mg
バコパエキス 80mg


どちらも注意力へのサポートが期待できます。


アメリカ人参の方が、

目標志向性、注意力・リラックスへのサポート力が高い、という特徴があります。


一方の高麗人参は、エネルギーへのサポート力が高いです。


共通点としては、

アメリカ人参も高麗人参も、学習回路の構築、集中力、知的健康へのサポート力が期待できます。




次に、バコパエキスについても、36人の多動の子供への研究報告があります。


二重盲目試験におけるバコパ投与群とコントロール群を比較する。


使われた分量は、

バコパエキス 50㎎ を1日2回、それを12週間。

というような実験です。

(これも結果を書くことができず・・  す、すいません)




ホスファチジルセリンも注意力へのサポート力が期待できます。

その関連についてはネット検索でも、容易に見つけられるのではないかと思います。




ところで、先ほどご紹介した研究論文は、どちらも児童を対象としたものです。

しかし、それをもって児童に、SWITCH または COOL SWITCH をお勧めしようというのではございません。


SWITCH や COOL SWITCH に含まれる原料は、仮に児童が摂っても安全である、

そのようなご理解でお願いできればと存じます。


もちろん、大人が摂っても、個々の体質によって合わないという場合もあり得ます。


とはいえ、

多動の子供に対し、何か良いサプリメントはないか?

というお困りの声が、弊社には、多く寄せられます。


ビタミン、ミネラル、アミノ酸をしっかりと摂り、十分な睡眠をとる。

そうしたことが良好な神経伝達へとつながります。



加えて、集中力を鍛えるトレーニング。

たとえば、細心の注意を払っておこなう【朗読】は、

集中力を向上させる訓練のひとつです。


書かれた文字の一つひとつを、しっかりと発声する、

というその繰り返しが、

前頭前野の活性化へとつながります。

本の中身も覚えることできます。


言い換えますと、

朗読は、「いま、ここ」への意識を高めます。。

これすなわち、「瞑想」「マインドフルネス」のバリエーションであるともいえます。



大人がやっても効果的。


お勧め申し上げます。


アマゾン商品ページTOPバナースウィッチあいてむおもち?


 


このページのトップヘ