探求者のためのサプリメント日記

スマートサプリメントの専門メーカー CHIRON キロンがお届けする栄養情報。www.chiron.jp

カテゴリ: ホスファチジルセリン




こんな研究報告をご紹介いたしましょう。

平均年齢20.4歳の健常人に対し、イチョウ葉エキスとホスファチジルセリンとの組み合わせを調査したもの。

Acute cognitive effects of standardised Ginkgo biloba extract complexed with phosphatidylserine.」

つぎの三つを比較。

1.イチョウ葉エキス120㎎ を単体で摂取。

2.イチョウ葉エキス120㎎ とホスファチジルセリン (PS) 360㎎ を同時に摂取。

3.イチョウ葉エキス120㎎ とホスファチジルコリン (PC) 360㎎ を同時に摂取。

その三パターンで、一定時間後に


「注意力のスピード」


「注意力の正確性」 


「記憶力のスピード」


「記憶の正確性」


「二次記憶」


「ワーキングメモリー」 等を調査。



結果はというと、

もっとも効果の高い組み合わせは、

2のイチョウ葉エキスとホスファチジルセリン の組み合わせ。


たとえば、

「注意力のスピード」 は

1のイチョウ葉エキス単独と、3のイチョウ葉エキスとホスファチジルコリンが、2.5時間後まで有意に速くなった。

2のイチョウ葉エキスとホスファチジルセリンは、6時間後においても有意に速い。


「注意力の正確性」 は

2のイチョウ葉エキスとホスファチジルセリンの組み合わせに有意な改善がみられた。


「記憶のスピード」 は

3のイチョウ葉エキスとホスファチジルコリンが4時間後に逆に遅くなった。

2のイチョウ葉エキスとホスファチジルセリンは、摂取1時間から6時間後のすべてで有意に改善した。


「記憶力の正確性」は

2のイチョウ葉エキスとホスファチジルセリンで、2.5時間、4時間後で向上。

3のイチョウ葉エキスとホスファチジルコリンで、2.5時間後に向上。


「二次記憶」は

有意差なし。


「ワーキングメモリー」は

有意差なし。





とはいえ、

ホスファチジルセリンは、かならずイチョウ葉エキスと 摂りましょうというのではありません。

たとえば、つぎの論文

A review of nutrients and botanicals in the integrative management of cognitive dysfunction.」

では、

・効果的なホスファチジルセリンの分量は1日 100mg。

・記憶力の低下に対しては、1日 300mg。

・1日 600mgで気分に影響を与える。

と、あります。

筆者の経験では、いずれの場合も食後が宜しいと思います。


CHIRON Inc.  荒井



▼賢者のサプリメントより MEMO 発売。


MEMO970、600




「HYPER SWITCH」 を発売しました。


集中力が欲しいとき、

怒涛のアウェー感に圧されぎみなときに、

このサプリメントをお求めください。



ご注意点、その一。


「SWITCH」 と併せて飲むことはできません。


切り替えて使います。


先発のマウンドは、あくまで 「SWITCH」が良いでしょう。


ゲームは長く、幸運の女神は気まぐれです。



しかし、「SWITCH」と、持ち前の根性 ではしのぎきれない苦境。


勝負所で大ピンチ。


そこで「HYPER SWITCH」 のリリーフ登板を検討してみてはいかがでしょうか。



SWITCH と HYPER SWITCH、

両者はひとつの原料だけが異なります。


「SWITCH」 に含まれるのは 「大豆レシチン抽出物」。 

この 「大豆レシチン抽出物」 は、

大豆からレシチンを抽出、さらにそのレシチンから脳が働くために必要な複数のリン脂質を抽出。

具体的には、ホスファチジルセリン、同イノシトール、同コリンなどをバランスよく含んでいます。

この原料のブランド名は「セリンエイドP20」です。


SWITCH は、そのようにバランスの良いリン脂質を含んでいる点で、知的健康のための日常的なスマートサプリメントであるといえます。


対する 「HYPER SWITCH」は、「大豆レシチン抽出物」 から、されに 「ホスファチジルセリン」 だけを抽出。

それを2カプセル中100㎎ 配合しています。


こんな関係式が分かりやすいかもしれません。

大豆 >大豆レシチン >大豆レシチン抽出物 >ホスファチジルセリン 


このホスファチジルセリンの配合純度が高まると、集中力と忍耐力がよりしっかりすることが期待できます。

そして、HYPER SWITCH に採用した原料の銘柄は「リパミンPS 90 PN」。

PS含有率は 88%以上のものです。


最後に、こんな質問が寄せられるかもしれません。

≪抑えの切り札≫ は、先発のマウンドに立てるのか?


つまり、「HYPER SWITCH」 は、普段使いできるのか?



もちろん、できます。


「HYPER SWITCH」 に配合したPS100㎎ と、他に配合されたイチョウ葉エキス、高麗人参エキス、バコパエキスとの協同力は、日々、エース級の働きしてくれることでしょう。


では、その場合、≪抑えの切り札≫ には、何を使ったらよいでしょうか?


「SWITCH」 を「HYPER SWITCH」 の抑えに回す、

というのでは、ちょっと物足りないかもしれません。

PS100㎎ の効力に慣れたあとでは、いささか威力にかけた感じがするかもしれません。

では、HYPER よりも強力な SWITCH は作らないのか? ですって。 



そうですね・・・スーパーデューパースウィッチ・・・。



作る予定は、ありませんよ。


「HYPER SWITCH」


貴方のなかの優勝請負人に!

Amazon でお求めくださいませ。

このページのトップヘ